鬱病の診断はお早めに!|心や体に忍び寄る症状から身を守ろう

症状について詳しく知ろう

聴診器

心のバランスが崩れて、精神が不安定な状態になるのが鬱病という病気です。現代では、仕事や家事、恋愛、友人関係などに悩まされ、ストレスを溜めることが多くなっています。ストレスを上手に発散できる人はいいですが、中には溜め込んでしまう人もいるでしょう。蓄積されたストレスは、心身共に大きな負担となり、鬱病などの病気を引き起こしてしまうのです。鬱病の症状の特徴としては、常に気持ちが沈んだ状態になることです。何をしても気分が晴れず、寂しさや孤独感、絶望感などに襲われます。そのため、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、悲しくなって泣いてしまったりと不安定な状態が続くようになるでしょう。また、何もする気が起こらず、無気力になってしまうのも大きな特徴です。鬱病の場合は、単に勉強や仕事に対する気力がなくなるだけでなく、以前は好きだったことや興味のあったことにまで無関心になってしまうのです。このような傾向がでてきたら、鬱病を疑ったほうがいいでしょう。まずは、病院を受診して診断を受けてみることをおすすめします。

鬱病は心だけでなく、体にも影響をもたらします。全身に倦怠感を感じてだるくなったり、疲労感を感じたりするようになります。特に激しい運動や長時間の労働などをしていないにも関わらず、何故か体が疲れているという場合は鬱病の可能性がありますので、病院で診断をしてもらいましょう。そのほか、鬱病が体にもたらす影響としては、睡眠障害もあります。なかなか寝付けなかったり、寝ても途中で何回も目が覚めてしまったりなど、睡眠に何らかの支障が出てくるでしょう。また、しっかり寝たはずなのに寝た感じがしなかったり、寝ても寝ても眠気が収まらなかったりする場合も、鬱病の可能性があります。このような睡眠障害は、鬱病の症状の中でも良くあるもので、ほとんどの人に見られる症状です。「最近眠りが浅いな‥。」とか、「たくさん寝たのに眠気が取れないな‥。」などと感じるなら、早めに病院で診断を受けるようにしましょう。何もせずにそのままにしておくと、症状が悪化してしまう可能性がありますので、できるだけ早くケアを行なうことが大切です。

最適な治療法を見いだす

カウンセリング

精神的に不安定になり、心と体に様々な影響をもたらす鬱病。鬱病かどうか疑わしい場合は、病院で診断を受けてみるといいでしょう。鬱病の診断は、問診を行なった後、体の症状に合わせて検査をしていくという流れになります。

詳細へ

大切な人を守ろう

メンズたち

鬱病は、誰が発症してもおかしくない病気です。最近身の回りにしんどそうにしている人や、笑うことが少なくなった人、精神が不安定な状態になっている人などがいれば、病院で診断を受けることをおすすめしましょう。

詳細へ

食事で症状を和らげる

男性

鬱病だと診断されたら、まずは食事を改善していくことで症状を良くすることができます。鬱病の人が気をつけるべき食べ物は、血糖値を上げるものです。糖質の多いお菓子類や、ご飯・パンなどの主食類は、できるだけ控えるようにしましょう。

詳細へ

薬にも様々な種類がある

ウーマン

鬱病の症状を疑うなら、まずは病院で詳しい診断をしてもらうことが大事です。その上で、医師が各々に合った最適な薬を提案してくれるでしょう。鬱病の薬にはいくつか種類があり、服用することで不安症状を抑えることができます。

詳細へ

部下が症状を発症したら

パズル

現代では、仕事内容のハードさや職場環境のストレスなどから鬱病を発症する人が多くなっています。もし会社の部下が鬱病と診断されたら、追い込むような言動はしないようにしましょう。

詳細へ

To Top